セフレと長く付き合う手段とは?

その日限りのセフレは出会い系サイトなどを使うとすぐに相手を探す事ができますが、一緒にいて楽しかったり信頼できそうな相手だと、このセフレとできるだけ長く付き合いたいと思うようになると思います。正直に「これからも長く付き合ってくれる?」と言いたいところですが、セフレと長く付き合うと言うことは信頼しあいたいと言う本音が隠されているので、相手にも自分と同じように信頼して欲しいと言う気持ちがあるので長く付き合う=信頼関係を築きたいと言う事になるのです。そうなってくると中々正直に言いづらくなると思うので、セフレと長く付き合いたいと思う場合には言葉だけではなくある手段を使って相手もその気にさせるしかありません。手段も使ったうえで言葉で伝えればすんなりセフレ関係を維持することを承諾してくるでしょう。
【出会いのきっかけが大事】
セフレを探す際にどのぐらい付き合いたいのを自分の中で決めておいて下さい。これは今からセフレを探そうとしている段階で決める事が重要なので、出会ってしまってから決めるのではなく必ず出会いを探す前に決めておくことでどんなタイプのセフレにするかが決まってきます。例えばただセックスをするだけの関係のセフレを作りたいのなら、出会う場所も出会い系サイトやテレクラで出会いを探したほうがセックスだけと割り切った関係のセフレを探しやすく、また長く付き合いたい場合は初めから相性の合うセフレを探しておくことが肝心なので、テレホンセックスやテレビ電話でセックスをしてある程度の相性確認をしてから、相性の合いそうな相手を見極めて実際のリアルセックスへと移っていくと良いでしょう。セックスだけの関係のセフレと言うのはセックスだけの相性重視で構わないので相手の性格などを知る必要はないのです。
次にセフレとは一言で言っても、デートをしたり悩み相談をしたりなどお互いに励まし合う事ができるような信頼できるセフレを探し長く付き合いたいと思っている人は、出会い系サイトやテレクラでセフレを探すよりかはもっと身近な存在から探す事をオススメします。例えば友達同士で開いた飲み会やコンパ、サークル活動などで知り合った友達、年配の人であれば趣味の習い事などを通じて出会った異性などとお茶をしたりして親密な関係を作っていくのです。最初から近くにいる存在ならきっかけとタイミングさえ合えばすぐにでもセックスができるはずなので、セフレとしての相性ももちろんですがその前に性格が合うかどうかの判断を自分なりしてみましょう。「この人と一緒にいるとラクになれる…」とお互いに思い合える事が信頼できるセフレへの第一歩なので、悩みがあれば相談をしてみるのも早く親密な関係を作りやすくなる手段でもあります。お互いに信頼し合っていれば長く付き合いたいと言う言葉がなくても自然とセックスをしてしまえばそのような関係を維持する事ができますが、信頼=愛だと誤解されてもいけないので、信頼できるセフレを作る場合にははっきりとセフレとしての関係として長く付き合いたいと言っておいたほうが無難です。そのほうが後々トラブルにもならずにすむので、信頼しあっているから大丈夫!と言う自分勝手な判断はしないようにしましょう。

セフレと長く付き合う手段は上記でお話ししたとおりですが、セフレと言う関係は恋人関係のように、告白してOKをもらったから…と言う流れではない事のほうが多いので、自分だけがセフレだと思い相手は恋人関係だと思っているとかなり面倒な事になってしまうので、セフレとして長く付き合っていきたいと思った瞬間に、もしくはセックスはしたいけど恋人にはしたくないと思った時などには、できるだけ早くセフレとして付き合って欲しいと言う事を明確しておく事が相手も傷つけずに、そして自分自身も面倒な事に巻き込まれずに済みます。